鋼構造13溶接における簡単な問題

鋼構造とは主に鋼材で構成された構造をいい、主な建築構造の一つである。 構造は主に鋼鉄と鋼板、鋼の柱、スチールのトラスおよび他の部品で構成され、部品または部品は通常、溶接、ボルトまたはリベット接続の間で使用されます。 その比較的軽量であり、建設はシンプルで、大規模な工場、会場、高レベルの分野で広く使用されています。

1.溶接構造は、最高の電圧を選択するために注意を払っていない

【現象】

溶接の際には、溝の大きさにかかわらず、プライマー、充填材、カバーのいずれであっても、同じアーク電圧を選択してください。 これは浸透深さ、溶融幅、アンダーカット、気孔、スプラッシュおよび他の欠陥の要件を満たすことができない。

【対策】

一般的に、異なる状況では、対応する長いアークまたは短いアークを選択して、より良い溶接品質と効率を得ることができます。 例えば、より良い浸透を得るために溶接の底部が短いアーク操作を使用する必要がある場合、より高い効率と幅を得るために溶接を充填またはカバーすることは、アーク電圧を増加させるのに適切であり得る。

2.溶接は溶接電流を制御しない

【現象】

溶接は、進行をつかむために、プレートの突き合わせ溶接は溝を取らないために。 強度指標が低下したり、標準的な要件を満たしていなくても、試験亀裂を曲げると、これは溶接継手の性能を保証することができない、セキュリティの構造は潜在的な危険をもたらす。

【対策】

溶接電流制御の評価プロセスに従った溶接。浮動体の10〜15%を許容します。 溝の鈍い縁のサイズは6mmを超えてはならない。 ドッキング時に、厚さが6mmを超えると、溶接用の溝が開きます。

3.溶接速度、溶接電流、電極径合わせに注意しないでください。

【現象】

溶接は、溶接速度と溶接電流、電極の直径、溶接位置調整された使用を制御するために注意を払わない。 根のサイズのために溶接のためのコーナーの継ぎ目の完全な浸透など、根のサイズのために、溶接速度が速すぎるようなルートガス、スラグは、根を溶融させるのに十分な時間がない、スラグ、空隙率および他の欠陥; 溶接速度が速すぎるだけでなく、気孔を生成しやすい場合、溶接。 溶接速度が遅すぎる、溶接が高すぎる、形状がきちんとしていない; 溶接シートまたは溶接の鈍いエッジサイズ、溶接速度も遅すぎる、簡単に焼くなど。

【対策】

溶接電流、溶接位置(ボトム溶接、充填溶接、カバー溶接)、溶接厚さ、適切な溶接速度を選択するための溝のサイズで選択すると、溶接品質と溶接生産効率の溶接速度は、溶着、ガス、放電が容易な溶接スラグは、生産効率を向上させるために大きな溶接速度の選択の下で良好な前提を形成し、燃えません。

4.制御アークの長さに注意を払わないでください。

【現象】

溶接は、溝の形状、溶接層の数、溶接形態、電極モデルおよび他の適切な調整弧長に基づいていない。 溶接アーク長の不適切な使用のために、高品質の溶接を得ることは困難である。

【対策】

溶接の品質を保証するために、溶接は一般的に短いアーク動作を使用するが、V字型溝ドッキングなどの最良の溶接品質を得るために適切なアーク長さを選択する異なる状況に従って、第1層のコーナリングが使用されるべきである溶け込みを確実にするための短いアーク、および噛み込み現象がない場合、第2層は溶接部を充填するのにわずかに長くなり得る。 溶接ギャップは短いアークを使用するのが適切です、ギャップは、アーク、溶接速度のときに少し長くすることができます。 アーク溶接アークは、溶鉄の下流を防ぐために最短にする必要があります。 垂直溶接、浴の温度を制御するために水平溶着だけでなく、小さな電流で、短いアーク溶接。 加えて、どの溶接に関係なく、移動の過程で、溶接幅と貫通の全体が確実に確保されるように、アーク長を常に維持するように注意を払う必要があります。

5.溶接は、溶接変形の制御に注意を払わない

【現象】

溶接シーケンス、人員のレイアウト、溝の形状、溶接仕様の選択と溶接変形、修正困難の後に変形の結果、溶接の仕様の選択や操作方法から溶接に注意を払っていない、特に厚く、機械的な矯正は亀裂または層状の裂傷を引き起こす可能性がある 高価な火炎補正と操作で、ワークが過熱するのは容易ではありません。 ワークピースの高精度の要件は、効果的な制御の変形対策を講じていない、ワークサイズのインストールにつながる要件を満たしていない、さらには再加工や廃棄の原因となります。

【対策】

合理的な溶接順序の使用と適切な溶接仕様と操作方法を選択するだけでなく、抗変形と剛性の固定措置の使用。

6.多層溶接は連続溶接ではなく、層間温度を制御するために注意を払っていない

【現象】

厚いプレートの多層溶接は、間隔の間の間隔などの層間の温度制御に注意を払っていない、溶接に再ウォームアップしないでください層で冷たい亀裂を生成するのは簡単です。 時間の経過とともに短すぎる、900℃以上)、溶接部および熱影響部の影響も影響を及ぼし、靱性および可塑性の低下をもたらす粗粒を引き起こし、接合部に潜在的な欠陥を残す。

【対策】

厚板の多層溶接は、中間層温度の制御を強化する必要があります、連続溶接プロセスは、最高の温度と一致して予熱温度でできるだけ多くの層の間の温度がなるように、卑金属温度の溶接でテストする必要があります層の間の温度制御されるべきである。 溶接時間が長すぎてはいけません、溶接中断の場合は、適切なポストヒート、断熱対策、再溶接を取る必要があります、再加熱温度は、最初の予熱温度よりも高い必要があります。

7.多層溶接により溶接スラグが除去されず、下部溶接部の溶接面の欠陥

【現象】

厚いプレートの多層溶接、溶接の各レイヤーは、溶接スラグ、気孔、亀裂や他の欠陥に亀裂を引き起こすために簡単に、溶接の次の層に溶接スラグと欠陥の完了後に明確ではない、接続強度を減らす、より低い溶接スプラッシュを引き起こします

【対策】

厚いプレートの多層溶接、各層は連続溶接する必要があります。 溶接スラグ、溶接面の欠陥やスパッタが発生した後、溶接の各層を速やかに除去した後、溶接品質のスラグ、気孔、亀裂などの欠陥の影響を完全に除去し、溶接する必要があることがわかりました。

8.ジョイントの突き合わせを必要とするか、または突合せジョイント溶接の溶接角度のサイズでは不十分

【現象】

T形ジョイント、クロスフィッティング、コーナージョイントなどは、フットサイズが不十分な突合せジョイントまたは歯付きジョイント溶接に溶接するか、疲労検査用に設計されたクレーンビームまたは同様のコンポーネントのウェッブを溶接する必要があります。十分に、溶接強度と剛性が設計上の必要条件にならないようにする。

【対策】

Tジョイント、クロスフィッティング、コーナージョイント、突合せジョイント溶接継手の貫通の他の要件は、設計要件に応じて、十分な足の要件がなければならない、一般的な足のサイズは0.25t以上でなければならない(薄い厚さの接続のためのt)。 疲労によりクレーンビームまたは類似のウェブの要件を確認し、上部フランジの接続溶接部の足のサイズを0.5tとし、10mmを超えてはならないように設計されています。 溶接サイズの許容偏差は0〜4mmです。

プラグヘッドまたは鉄の継手間隙の溶接

【現象】

溶接は、頭部または鉄と溶接された部品を一緒に溶接することが困難であるため、非融合、貫通および他の溶接欠陥ではなく、接続強度を低下させる。 そのような錆びた溶接ヘッド、鉄充填など、それはベース材料の材料との一貫性を確保することは困難です。 油、不純物および他の溶接ヘッド、鉄充填などの溶接穴、スラグ、亀裂および他の欠陥を作る。 これらの条件は、溶接部の品質を大幅に低下させ、溶接部の品質要件の設計と仕様策定に失敗します。

【対策】

(1)ワークの組立隙間が大きいが許容範囲を超えない場合は、組立隙間がシートの厚みを2倍以上、例えば20mm以上とする場合、凹みを埋めるか、 。 ジョイントギャップに溶接ヘッドまたは鉄の溶接を充填する方法を使用することは厳密に禁止されています。

(2)部品の処理は、溶接収縮の後に残りの切断と切断をカットするために注意を払う必要があります、そのサイズを確保するためにギャップを増やさないで、部品のサイズを制御します。

プレートのドッキングの厚さと幅が異なる場合、滑らかな移行ではない

【現象】

プレートドッキングの厚さと幅が異なる場合は、プレートの厚さが標準許容範囲内にあるかどうかに注意してください。 許容範囲内でなく、緩やかな移行処理をしないと、シートの厚さの溶接が応力集中を生じやすくなり、非溶融溶接欠陥が生じやすくなり、溶接品質に影響を及ぼす。

【対策】

溶接部が斜面に溶接されるべきであるときに関連する規定を超えなければならない場合、最大許容値の傾きは1:2.5でなければならない。 または斜面への溶接前の片側または両側の厚さおよび直接許容値の1:2.5の最大許容値の傾き動的荷重を受け、疲労検査を必要とする構造物の傾斜は1以下でなければならない:4.プレートドッキングの幅が異なる場合は、サーマルカット、機械加工または研削砥石による研削方法を使用して工場と現場条件に基づいて滑らかな移行を行い、接続ポイントの許容最大傾きを1:2.5にする必要があります。

11.溶接部が交差する部品の溶接シーケンスには注意しないでください

【現象】

交差溶接の部品については、溶接応力の解放と、溶接シーケンスのためのコンポーネントと妥当な配置の変形に対する溶接応力に注意を払わないでください。垂直と水平のランダム溶接の結果、垂直と水平の接合部が生じます相互に拘束され、より大きな温度収縮応力、ボードの変形、ボードが不均一であり、溶接部に亀裂が生じる可能性があります。

【対策】

交差溶接部を有する継手については、合理的な溶接順序が確立されるべきである。 いくつかの垂直と水平の交差溶接溶接がある場合は、最初に横方向継手のより大きな変形を収縮させ、次に縦方向溶接を溶接して、水平溶接が長手方向溶接の制約を受けないようにする。横断応力解放される拘束がない場合、溶接変形を低減し、溶接品質を保証し、または溶接角度溶接後の最初の突合せ溶接を溶接することができる。

溶接でタイプ鋼棒のラップジョイント、コーナーでの連続溶接

【現象】

鋼棒と連続板の継ぎ目継手を溶接の使用、溶接の両側での最初の溶接、溶接の終わりに溶接した後、連続溶接ではないタイプ。 これは溶接変形を減少させるのに有益であるが、ロッドの角部で応力集中および溶接欠陥を生じやすく、溶接継手の品質に影響を与える。

【対策】

タイプは、溶接と鋼棒のラップジョイント、コーナーは、完了するために連続溶接する必要があります角に溶接しないで溶接に反対側に行った。

13.アークプレートとリードプレートなしで両端に強いバット、クレーンビームウィングとウェブを必要とする

【現象】

溶接の突合せ溶接、完全な貫通フィレット溶接、クレーンビームフランジプレートと溶接のウェブ、アークとアークプレートとリードプレートなしでリード、ので、現在の電圧が十分に安定していないので、温度の開始点と終了点は、溶接の開始に簡単につながるのに十分な安定性ではなく、浸透、亀裂、スラグ、多孔性および他の欠陥ではなく、溶接強度を低下させ、設計要件を満たしていません。

【対策】

突合せ溶接、全貫通隅肉溶接及び溶接桁及び溶接ウェブを溶接する場合、端部に欠陥が生じ易くなるように溶接部の両端にアーク及び導出板を設け、溶接部の品質を保証するために欠陥部分を除去する。