スリランカ鉄骨構造ワークショッププロジェクトの塗装完了

労働者は鉄骨構造ワークショッププロジェクトの塗装を仕上げます。


workshop of steel structure supplier (6)

被覆鋼の表面処理に関する一般要件

1)建物の鉄骨構造物の表面処理は、設計で指定された防錆方法に厳密に従って行われ、鉄骨構造が製造され設置され受け入れられた後、指定された防錆レベルに達するものとする。

2)錆を除去する前に、鋼表面のバリ、溶接コーティング、溶接スパッタ、油、塵、酸、アルカリ、塩、およびその他の汚染物質を洗浄します。 油汚れの洗浄方法は、ワークの材質、油汚れの種類、その他の要因に依存します。 通常、溶剤洗浄またはアルカリ溶液洗浄が使用されます。

3)コンポーネントのメンテナンスペイントは、特定の条件に従って処理する必要があります。 コーティングの状態が良好であれば、粗面化にはサンドクロスとスチールベルベットを使用でき、クリーニング後にプライマーを直接スプレーできます。 コーティングが損傷している場合は、完全に除去する必要があります。