ガソリンスタンドがグリッド構造を使用する理由

ガソリンスタンドのグリッドエンジニアリングはより代表的であり、要件の詳細のためのグリッド処理プロセスの屋外使用では、後の期間のガソリンスタンドのサービスパフォーマンスが保証され、長い耐用年数を保証するために比較的高いです。


ガソリンスタンドのグリッド加工工学では、グリッド加工と鋼構造溶接プロセスが非常に重要です。鋼構造溶接ポイントでは、品質を確保するために、鋼構造グリッドのサポートであるため、応力が大きく、鋼構造グリッドを実現できます。部分的な圧力を強調し、プロジェクト全体の安定性を確保します。


現在、ガソリンスタンドのグリッド構造エンジニアリングで鋼を掘削する必要がないため、時間と労力を節約し、材料セクションの損傷領域を減らすことができ、各コンポーネントが形成されています。 直接使用すると、補助部品の使用が減り、グリッド処理エンジニアリングに大きな利便性がもたらされ、あらゆる種類の陸屋根、特殊形状のガソリンスタンドキャノピーグリッドエンジニアリング設計、グリッド材料処理、グリッド設置サービスが行われます。


grid structure gas station