建設時の鉄骨構造の場合に注意すべきこと

1.主要な構造と壁フレーム、二次部品、スチールプラットフォーム、スチールはしご、単層鋼構造物の保護手すりは、品質の受け入れ後にのみ使用できます


2.鋼構造物の設置の検査ロットは、サイトの受け入れ、溶接接続の受け入れ、ファスナー接続、製造およびその他のサブプロジェクトに基づいて受け入れられるものとします


3. 測定補正、高強度ボルトの設置、負の温度下の施工、溶接工程等を含む設置前に試験・評価を行う必要があり、それに応じて施工技術またはスキームを策定する。


4. 設置誤差は、スペース剛性ユニットが形成され、固定された後に検出されるべきである


5.設置中、屋根、床、プラットフォームの建設負荷を制御する必要があります。建設荷重と氷雪荷重は、梁、トラス、床パネル、屋根パネル、プラットフォーム補助プレートのベアリング容量を超えることは厳しく禁止されています。


6.空間剛性要素が形成された後、微細な凝集コンクリートとグラウト材料の二次注ぎ込みを時間内に行う必要があります


7.クレーンビームまたはビームが直接ダイナミック荷重を持っている場合、テンションフランジ、クレーントラスまたはトラスが直接動的負荷を持つ吊り下げオブジェクトと器具で溶接してはならない

steel structure construction