鋼構造のらせん階段の建設原理は何ですか?

鉄骨構造のらせん階段にはどのような建築原理が採用されていますか?螺旋階段は螺旋階段または螺旋階段とも呼ばれ、形が美しくエレガントで、小さなスペースを占め、非常に人気があります。らせん階段は一般的に単一の柱の周りに配置され、平面は円形、プラットフォームとステップは扇形の平面です。らせん階段構造のステップ図の内側の幅は非常に小さく、急な勾配を形成しており、構造は比較的複雑です。

stair

回転階段はスペースを節約するのに適しています。回転階段の開口部は大きくても小さくてもかまいません。スペースが狭い場合は、開口部のサイズを適切に調整できます。今日では、ほとんどのらせん階段は中央の柱タイプです。このような階段のストレスポイントは1つだけなので、ステップボードを上下に揺らすのは簡単です。階段の半径が大きいほど、揺れが激しくなります。これは、中央の柱のらせん階段に共通する特徴でもあります。


ステップボードの下のらせん状の梁または階段の手すりは、中央の柱のないらせん階段の荷重に対する主要なサポートです。中央の柱のないらせん階段は、中央の柱があるものよりも複雑です。


一般的に、らせん階段は歩行者や避難用の主階段としては使用できません。オフィスビル、住宅、床数の少ない屋内のビルなどでよく使用されます。