鋼構造物のワークショップ設計の特徴は何ですか?

鋼構造のワークショップは軽鋼構造のワークショップおよび重い鋼鉄構造のワークショップに分けられる。その主な耐荷重部品は鋼鉄コラム、鋼鉄梁および鋼鉄構造基盤を含む鋼鉄から成っている。これは、従来のレンガのワークショップとは異なり、次の特性を持っています。


1.鋼構造設計ワークショップで使用される鋼は、良好な可塑性を有し、一般的に偶発的な過負荷や部分的な過負荷のために構造が突然壊れないだろう。鋼は、構造が動的な負荷に適応しやすく、良好な靭性を有する。

2.鋼構造物設計ワークショップで使用される鋼は、均一な材料と高い構造信頼性です。

3.鋼構造設計ワークショップで使用される鋼は、高強度、軽量、製造ワークショップの大きなスパンを持っています。

4.鋼構造のワークショップの鋼は、大幅に鋼構造の接続を簡素化し、様々な複雑な構造を製造するために適している溶接性を持っています。

5.鋼構造物の製造と設置は高度に工業化されています。鋼材の製造は、主に特殊な金属構造工場で行われます。そのため、製造はシンプルで精度が高い


もちろん、耐熱性、耐火性、耐食性の悪さなど、鉄骨構造設計プラントの他の特定の特性がありますので、湿った環境はできるだけ避けるべきです。しかし、一般的に言えば、鉄骨構造プラントは高強度、広いスパン、鋼構造物の建設期間が短いので、それに応じて投資コストを削減する必要があります