カラー鋼板のシーム構造の処理対策

単一勾配の長さが12M未満の場合、屋根を横方向のジョイントで設定することはできません。 片側の法面長さが12Mを超える場合は、カラー鋼板の間に横目地を設定する必要があります。 横方向の接合部は、一般的に水に沿って重なっています。 防水効果を確保するには、一定のラップ長を満たす必要があり、ラップ長の長さは屋根の勾配に関連しています。 勾配が1/10以下の場合、300mm以上である必要があります。 勾配が1/10より大きい場合、200mm以上である必要があります。 重ね継手の高さをずらし、防水シーラントストリップを上下のプレートの間に貼り付ける必要があります。 これにより、水の浸入を効果的に防ぐだけでなく、鋼板の切り込みの酸化や腐食を防ぐことができます。 同時に、重ね継手は一般的にセルフタッピングねじで波頭位置に固定されていることに注意してください。 トラフに設置する場合は、確実な防水対策を講じる必要があります。


屋根の低波色鋼板は、各波または1つおきの波に1つずつ、コネクタによって母屋に直接接続されていますが、コネクタは重なり合う波に設定する必要があります。 屋根の高波色鋼板は、波ごとに1つずつ接続することにより、固定サポートに接続されます。 上下のプレートを接続する別の方法は、プレスプレートプレス法です。 2色の鋼板の上下にカラー鋼板と同種の亜鉛メッキ鋼板をセットし、2枚のプレートの間に防水シールストリップをセットし、締結ボルトでしっかりと押し込みます。 プレートの長期重ね継手による水漏れを防ぐために、プロファイルプレート製造装置を現場に輸送して設置することもできます。 ルーフリッジからコーニスまでのルーフパネル全体をロールして、ローリングしながら取り付けることができます。 不必要な漏れを防ぐために、長時間のラッピングは必要ありません。 一般的にはオーバーラップせずに長いプレートを選択するのが最善ですが、実際のプロジェクトでは、プレートが長すぎると、ネジ穴の拡張に対する温度の影響により、ネジ穴の拡張が発生することがわかっています。 ; 同時に、プレートが長すぎるため、製造、輸送、または建設の過程でコーティングが損傷しやすく、品質に影響を及ぼします。


roof sheet installation