鉄骨構造の3つの接続方法

それが大規模な建築工場であろうと田舎の住宅自営住宅であろうと、鉄骨造建築物はその速い建設速度、低価格および他の多くの利点のためにますます広く使用されています。 それで、その構造の接続方法は何ですか? この接続方法の長所と短所は何ですか? それでは今日、これらの問題について簡単に見てみましょう。


1.溶接継手

利点:単純な構造(形状部品を予備の予備部品なしで直接接続することができる)、省力および材料節約(加工が容易、穴あけなし、断面が弱くなることがない)、速い建設(自動運転)、優れた密封性、高い接続の剛性と優れた完全性

デメリット:材料は脆く、残留応力、残留変形、および溶接欠陥を生じやすく、これらは鋼構造の疲労と安定性に悪影響を及ぼすため、高い溶接レベルが必要です。


2.ボルト接続

利点:簡単な構造、容易な組み立ておよび分解、設置者に対する高い要求。 疲労抵抗、割れの成長を防ぐのは簡単。

デメリット:材料費、切断面が弱く、ボルト穴加工の精度が高い。


3.リベット接続

利点:優れた可塑性、靭性、そして動的性能。

短所:材料費、加熱リベット打ち工程は非常に労働集約的です。


これら3つの接続方法には、長所と短所があります。したがって、鉄骨構造の製造過程で、私たち自身の建設状況に適した接続方法を選択する必要があります。 さらに、3つの接続方法を十分に把握していれば、構造物をスムーズに取り付けることができます。これにより、構造物の不安定な問題など、取り付けプロセスにおけるいくつかの問題を効果的に回避できます。