アルミニウムと亜鉛の溶射による鉄骨構造の腐食防止の原理

アーク溶射は、鉄骨構造用のアルミニウム溶射および亜鉛溶射で最も広く使用されている防食技術であり、その応用の見通しもより広範です。 アーク溶射の防食原理は、アーク溶射装置を使用して、2本の帯電ワイヤ(亜鉛、アルミニウムなど)を加熱、溶融、霧化、溶射し、防食コーティングと長期的な防錆コーティングを形成することです。有機シーリングコーティングの腐食複合コーティング。 コーティングの顕著な特徴は次のとおりです。


長い耐食寿命により、防食寿命は50年以上に達することがあり、防食コーティングは30年の耐用年数内で他の防食メンテナンスを必要としません。 30年後のメンテナンスでは、アーク溶射層にシーリングコーティングのみを塗布します。 一度スプレーする必要がないので、一度の防食を実現し、コーティングは耐久性があり効果的です。


アーク溶射層と金属基板は、優れたコーティング密着性を備えています(最大10MP)。 金属溶射層は、機械的インレーとマイクロ冶金により母材と組み合わされます。 わずかな曲げ、衝撃または衝突の下で、防食コーティングが脱落、剥離、しっかりと結合しないこと、および防食が長く効果的であることを保証することができ、これは他の表面防食では達成できませんコーティング。


防食コーティングの原理は陰極防食です。 腐食性の環境では、防食コーティングが部分的に損傷していても、それ自体を犠牲にしてスチール基材を保護する効果があります。 コーティング(アノード)とスチール基板(カソード)の面積比は≥1であり、亜鉛リッチコーティング(アノードとカソード)の比は1未満であり、その保護効果と結合力はアーク溶射の場合よりもはるかに低い-腐食コーティング。