鉄骨構造溶射の技術的知識


溶射機を使用するときは、鉄骨と鉄骨構造の溶射が不可欠です。 あなたはこれに関する技術的な知識を知っていますか? 専門家はあなたが最初に錆除去のために鉄骨構造の表面を磨かなければならないと言い、そしてまた磨いた後の鉄骨構造が4時間で最初の絵を終えることができるべきであることを覚えています。


1:さび、酸化スケール、その他の不純物を除いて、鋼構造物の表面から最初にさびを除去しなければならないという事実には、細心の注意を払う必要があります。 もちろん、表面処理の品質管理にも注意を払う必要があります。これは、「塗装前の鋼の表面腐食グレードおよび防錆グレード」というGB8923規格に規定されているSa2.5レベルを満たす必要があります。 35-75um 研磨後、砂やほこりは取り除かれます。


2:基本的に、鉄骨構造を磨いてから4時間以内に最初の塗料を仕上げた方がいいです。 多くの場合、私達はまたプライマーとしてET-98無機リン酸塩の長期亜鉛が豊富なペンキの使用に焦点を合わせる必要があります、それは脱脂、錆取り、粉砕機ではなく、ワイヤーブラシ、磨き粉または鋼鉄とありますサンドペーパー処理


3:溶接部品に遭遇した場合は、溶接後72時間以内にキャンドルを塗装しないことをお勧めします。


4:通常、灰の層とその油汚染や他の不純物を除去するために軽い掃除の研磨方法を使うのが良いです。 もちろん、後の使用プロセスでは、我々はまたその70 - Hエポキシ鉄赤防錆塗料に注意を払う必要があります。