小スパン鋼フレーム構造の構造要件

鉄骨構造工房の建設では、多くの小スパン鋼フレーム構造が通常使用される。私たちは彼らを過小評価すべきではありません。その構造は、鉄骨構造の工房の建設品質にも関連しています。したがって、鉄鋼構造工房の小および中スパンの鉄骨構造の構造は、次の要件を有する:


1.同じメンバーでは、セクションの最大高さに最小の高さの比率は、0.3〜0.6の間で制御する必要があります。メンバーの幅と高さの比率が大きい場合は、小さい値を採用する必要があります。


2.剛体フレームのヒンジ付きカラムベースは、ある程度の埋め込みで構築する必要があり、列のフットボルトは、列セクションの曲げ容量の20%に応じて計算することができます。


3.剛体フレームの梁のハンチ高さが梁の1/2を超えない場合、ハンチの影響は剛体フレームの解析では考慮されず、断面の計算では人だけがカウントされる。


4. エッジ プレート接続が、剛体フレームのコーナー ジョイントと屋根リッジ ジョイントに使用される場合、固定接続に従って計算できます。このとき、接合部は高強度ボルトで接続する必要があります。端板の厚さはボルトの直径より小さくなりません。ボルトの配置は、エンドプレートの曲げを減らすために、可能な限り梁のフランジ、ウェブ、スチフナーに近いはずです。


エンドプレートとビーム間の溶接は、ビームの断面と等しくする必要があります。フィレット溶接を使用する場合、溶接脚のサイズは一般的に 1.7t になります。


6.剛体フレームのコーナー付近では、強化されたパーリンまたは壁梁を内側フランジの側面支持として使用することにより、梁と柱の内側フランジを角度ブレースで追加できます。