鋼構造物の保管

(1)鋼材保管ヤードの状態鋼材は戸外または屋根のある倉庫に保管できます。戸外で積み重ねる場合、敷地は平坦で周囲の地面より高く、排水溝を残しておく必要があります。積み重ねるときは、鋼セクションの背面をできるだけ上または外側にして雪や池を避け、排水を容易にするために両端の高さの差を設ける必要があります。天井のある倉庫に積み上げると、直接床に積み重ねることができ、底には段ボールを敷き詰めます。


(2)鋼を積み重ねるには、鋼の変形と腐食をできるだけ減らす必要があります。鋼は5〜6層ごとに段ボールと積み重ねられる必要があり、その間隔は鋼の明らかな曲げ変形を引き起こさないはずであり、段ボールは同じ垂直面内で上下に揃えられる必要があります。輸送用の材料の積み重ねの間に、特定の幅のチャネルを確保する必要があります。


(3)鋼の識別鋼の端には、鋼の仕様、鋼の番号、数量、および材料受け入れ証明書の番号を示す標識を設置する必要があります。鋼端は、鋼種に応じて異なる色で塗装されています。鋼板は定期的に検査されなければならない。


(4)鋼材を正式に保管する前に検査システムを厳密に実装する必要があり、適格な鋼材を保管できます。鋼の検査の主な内容は次のとおりです。鋼の量と種類は注文契約と一致しています。鋼の品質保証証明書は鋼に印刷されたマークと一致しています。鋼の仕様とサイズがチェックされます。鋼の表面品質検査。