鋼構造:基礎および軸受の表面、取付けおよび口径測定の要件

1.建物の位置付け軸、基礎軸、高さ、アンカーボルトは要件を満たしています(標高±3mm、アンカーボルト軽鋼+20mm、国家標準+30mmの露出長)。


2.鋼材の輸送、スタッキング、ホイストにより変形やコーティングが落ちた場合には、鉄骨部品を修正し、修理する必要があります。

   

3. 鋼柱およびその他の主要成分の中心線と標高データムポイントが完成するものとします。


4.コンクリート柱に鋼トラス(ビーム)が取り付けられている場合、位置軸からの支持中心の偏差は10mm以上でなければなりません。大規模なコンクリート屋根スラブを使用する場合、鋼トラス(またはビーム)間隔の偏差は10 mm以下でなければなりません。

5.部品の表面はきれいで、構造物の主な表面は傷跡、堆積物および他の汚れから自由でなければならない。


6. 鋼のプラットホーム、鋼鉄梯子および柵が国の標準を満たしていることを確認してください。


7. Cタイプ2のパーリンが反対方向に取り付けられることを防ぐために、図面を確認する必要があります。

9-anchor bolt installation