鋼構造物処理のための耐火コーティングの選択原理

1。屋内露出鋼構造物、軽量屋根鋼構造物、装飾要件のある鋼構造物の耐火限度を1と指定した場合、5 h以下の場合、薄いコーティングタイプの鉄骨構造の難燃性コーティングを使用する必要があります。選択されました。


2。屋内の隠された鉄骨構造、高層のすべての鉄骨構造、および多階建ての作業場の鉄骨構造の耐火限界が 1。5 h以上の厚さの鋼構造の難燃性コーティングであると指定されている場合非膨張難燃性コーティングを選択する必要があります。


3。屋外の鋼構造物については、屋外での使用に適した難燃性コーティングを選択する必要があります。


4。設計された耐火限界が 1。50 hを超える場合、膨張性難燃コーティングを使用しないでください。


5。膨張性難燃性コーティングが屋外および半屋外の鉄骨構造に使用される場合、その性能に関する環境の要件を満たす製品を選択する必要があります。


6。非膨張性耐火コーティングの厚さは、 10 mm以上でなければなりません。


7。難燃性コーティングと防食コーティングは互換性があり、一致している必要があります。