鉄骨構造工事のための安全要件

空中作業のための一般的な要件:

ユニットプロジェクトの建設担当者は、プロジェクトの高所作業の安全技術に責任を持ち、対応する責任システムを確立するものとします。 建設の前に、安全技術教育と提出を段階的に実施し、すべての安全技術対策と個人用保護具を実施する必要があります。 施工なしに施工することはできません。 空中作業の設備や機器は、使用する前にそれらが良好な状態にあることを確認するために建設前に検査されなければなりません。

クライミングやサスペンションの労働者は、専門的な技術トレーニングや専門的な試験に合格し、働くことを認定され、そして定期的な身体検査を受けなければなりません。 高所で稼働する安全技術施設の建設では、欠陥や隠れた危険が発見された時には、それらは時間内に解決されなければなりません。 個人の安全が危機に瀕しているときは、作業を中止しなければなりません。 工事現場に落下物がある可能性がある場合は、まずそれらを取り除くか固定する必要があります。

雨の日に高地で作業する場合は、信頼性の高い滑り止め、防寒、凍結防止対策を講じなければなりません。 氷、霜、雪は時間内に取り除かれるべきです。 高所で稼働する高層ビルの場合は、事前に避雷設備を設置する必要があります。 6年を超える強風や霧などの悪天候の場合は、屋外での登山や空中での吊り下げ作業は行わないでください。

暴風雨や台風、暴風雨の後は、高所作業用の安全設備を順次点検し、問題を発見して直ちに修復する必要があります。 鉄骨構造を持ち上げる前に、安全保護施設を1つずつ確認して確認する必要があります。 確認と合格を過ぎて初めて高地作業が可能になります。


クライミング

サイトクライミングは、建物の構造や足場の上にある施設を登ることによって実行されるべきです。 有人垂直搬送装置も使用することができる。 はしごやその他の登山施設も登山作業に使用することができます。

コラム、ビームおよび部品を持ち上げるためのまっすぐな上昇の梯子そして他の上昇の部品は構造図か部品の指示で指定されます。 クライミングツールはしっかりしていて構造が信頼できなければなりません。

はしごの足の底はしっかりとパッドを入れ、高くはパッドを入れず、梯子の上部は固定された小節を持つべきです。

鉄骨構造部品およびネット構造部品を設置および上昇させる場合は、鋼製吊り梯子または鋼製柱上の上昇梯子を使用する必要があります。

鋼製梁を取り付けるときは、ステンレス鋼の染色高さを考慮し、両端に吊り梯子または鋼管足場を設定する必要があります。

鋼鉄屋根のトラスが上下の弦によって制御されるとき、三角形の屋根のトラスは屋根の尾根にあり、台形の屋根のトラスは両端にあるべきです、そして登るとき上下の梯子は設置されるべきです。


中断された操作

吊り作業場所にはしっかりした足場があり、特定の状況に応じて防護柵、手すりまたは他の安全設備を備えていなければなりません。

吊り下げ作業に使用されるリギング、足場、吊り下げ籠、吊り下げ用ケージ、プラットフォーム、およびその他の機器は、使用する前に技術的に識別または検証する必要があります。

鉄骨構造物の吊り上げでは、可能な限り地上で部材を組み立て、仮固定、電気溶接、高強度ボルト接続のための高所安全設備を設置する必要があります。 コンポーネントは同時に所定の位置に持ち上げる必要があります。

分解中の安全対策も検討し、実施する必要があります。 大きな部品を高所で吊り上げる前に、タワーには吊り下げ作業に必要な安全設備も装備する必要があります。

プレストレスをかけるときは、スタンディングマニピュレータとテンション装置のためのしっかりとした信頼できる足場または制御プラットフォームをセットアップする必要があります。

プレストレステンション領域は明らかな安全標識でマークされるべきであり、無操作のスタッフが入ることを許可されるべきではありません。 一時停止状態の従業員はシートベルトを着用する必要があります。


クロスオペレーション:

構造的な設置の過程では、各種類の作業を同じ垂直方向に操作しないでください。 下層の位置は、上層の高さによって決定される落下範囲の半径の外側になければなりません。 上記の条件を満たしていない場合は、安全保護層を設定する必要があります。 上層が物に落ちるか、または建設中に持ち上がる可能性があるためです。 クレーンハンガーの揺動範囲内で、侵入を防ぐための上部を備えた2層の保護通路を通路に取り付ける必要があります。