冷却中の鉄骨構造処理に関する注意事項

鉄骨構造のプロセスは、冷却ステップなしではできません。 冷却の理由は、鋼の品質を向上させるだけでなく、靭性を高め、耐用年数を延ばすことにより、溶接時に滑らかになるようにするためです。 それで、クールダウンするとき、私たちは何に注意を払うべきですか? 知りましょう:


1.高温傾斜焼入れは、580〜620℃の中性塩浴で実施します。


2.大型で複雑な鉄骨構造の加工の場合、変形と割れを減らすために、焼入れ中に予備冷却処理を行うことができますが、時間は管理されなければなりません。 一般に、二次炭化物が析出して工具の硬度と赤硬度を低下させることができず、腐食孔食が許可されない限り、処理の形状に応じて数秒から数十秒以内に制御されます。


3.加工中の過冷却オーステナイトは非常に安定しており、焼入性が高い。 空冷してもマルテンサイト構造になりますが、空冷すると工具表面が酸化され、共析炭化物が析出する可能性があるため、空冷は可能な限り使用しません。


上記は、冷却時に注意が必要な鉄骨構造の処理についてであり、建築材料での使用は非常に広範囲であり、冷却はそれに対する一種の保護であり、靭性を改善すると利益も増加します。 したがって、建設の前に、そのスムーズな建設を促進するために、冷却作業で良い仕事をしなければなりません。