鉄骨構造の前処理

鉄骨構造の構造の前に、それは対応する仕事の良い仕事をすることは、構造の効率を改善するためにだけでなく、その品質を確保するために不可欠です。 それらの中で、それは前処理の良い仕事をする必要があります、どんな仕事がされるべきですか?


1.接合部の設計:鋼鉄構造の接合部の一方的な整理は0.08と0.2 mmの間で制御されるべきであり、そして溶接の長さは一般的に30 mm以下です。


2.表面処理:アルカリ性または金属性の洗浄液を使用して鋼構造の溶接部の油汚れおよびその他の汚染物質を洗浄してから、スクレーパー(または粗いサンドペーパー、銅ブラシ、またはワイヤブラシ)を使用して絶縁層を擦ります。溶接接合面に。


3.銅棒とアルミ棒(または銅線とアルミ線)の溶接:アルカリまたは金属の洗浄液を使用して溶接部の油汚れやその他の汚染物質を洗浄してから、銅ブラシ(または鋼線ブラシ、スクレーパー)を使用します。溶接継手の表面の絶縁層を削ります。


注:ろう材は毛細管現象で溶接されているため、研磨することはできません。


以上が鋼構造物の前処理の詳細な紹介です。 建設の前に、損傷を最小限に抑えるために対応する準備作業を行い、定期的なメンテナンスとメンテナンス自体に注意を払う必要があります。