鉄骨構造工房建設地に注意が必要な事項

1.建設現場の形状はできるだけシンプルにする必要があります。長方形の場合、サイトの長さ幅比は1:1.5内で制御する必要があり、これはより経済的で合理的です。地形は、ワークショップのレイアウト、交通機関の接続とサイトの排水のために使用する必要があります。一般的に、植物の自然地形の斜面は5‰を超えてはならない、丘陵斜面は40‰以上であってはず、山の植物は60‰以上であってはなりません。


2. 地震断層や地震地域の発達を避け、9度を超える基礎強度、流れ、地すべり、砂利、カルスト洞窟、その他の危険な地域、および厚いグレード3の自己重量の折りたたみ可能なローブ、新たに蓄積されたローブ、グレード1の広大な土壌、その他の貧しい地質地域の開発を避けるべきである。


3. 鉱物地域の採掘価値を避け、採掘された地域だけでなく、古代の井戸、墓、ピット密集地域を採掘する必要があります。


4.工場の土地面積は、生産技術と輸送の要件を満たし、拡張のために予約する必要があります。


5. 生産地及び職員の住宅地は、工場の規模と人員の割当量と州、州、市区町村が定める割当量に応じて計算されなければならない。


廃棄物や残留物を含む工場については、廃棄物や残留物の保管に必要な領域は、工場の耐用年数の要件を満たす必要があります。


建設用地は、工場の建設規模、建設作業員数、仮設工事の手配などの要因に応じて考慮する必要があります。


8.鋼構造のワークショップは、解体を減らすために、密集した建物や高電圧送電線のある地域で選択されるべきではありません。


9. 基礎強度が7より高い地域に鋼構造物工場を建設する場合、耐震性に有益な土壌分布地域を選定する必要があります。


10.鉄骨構造の工場は、貯水池の下流と安全が確保できない洪水堤防の近くで選択されるべきではありません。


11. 地下または古代の建物や文化遺跡が地上に古代の墓のサイトがある場合は、関連部門の処分の意見と承認文書を取得する必要があります。


12.鋼構造物ワークショップ建設地の基礎軸受能力は、建設規制の要件を満たす必要があり、それはより盲目的に構築することはできません。


steel structure construction area