鉄骨構造工学の主な形態

鉄骨構造は、通常、溶接、ボルト、またはリベットで接続される建築構造の主要なタイプの1つです。鋼構造エンジニアリングは、設置が簡単で効率が高いだけでなく、非常に強力です。現在、鋼構造工学には多くの種類があります。本日は、主に5つの一般的な鋼構造エンジニアリングを紹介します。


1。構造タイプ:フレームフレームビームおよびフレームコラムは高層および超高層の市民および公共の建物に使用される多階建てフレームを形成します。


2。曲がった-鋼屋根トラス、鋼トラス、鋼柱またはコンクリート柱で構成され、1階建ての工場の建物(中規模および重量)に使用されます。


3。ラーメン-鉄骨柱と鉄骨梁で構成され、1階建ての工場の建物に使用されます。


4。グリッド構造-大きな湾のある公共の建物に使用される、鋼製またはコンクリート製の柱と標準部材の連続的な組み合わせ。


5。その他のタイプ-オリンピックバードGG#39の巣などの特別な家。


鉄骨構造工学は、軽量で構造が単純なため、大規模な工場の建物、スタジアム、超高層ビルなどの分野で広く使用されています。技術の継続的な進歩と発展に伴い、鉄骨構造エンジニアリングの品質は大幅に向上し、パフォーマンスと耐久性も向上しています。この金属構造を常に理解することで、その利用範囲は拡大しています。