鉄骨造建築物のための雷保護対策

フラッシュ受信装置

鉄骨造建築物の特性によると、鉄骨造建築物の屋根は明らかにそのような建築物に高い重い避雷針を取り付けるのには適していません。 鉄骨造建築物の密閉システムは不燃性です。 金属板がフラッシュレシーバーとして使用されるとき、厚さは0.5mm以上であるべきではありません。


電気設計者は標準的な方法に注意を払うべきです。 雷保護ベルトのメッシュサイズは、コードの要件に従ってさまざまな建物の雷保護カテゴリに厳密に対応する必要があります。また、建築図面は、コードで除算された規格に従って正確にマーキングするのが難しいはずです。 構造的特殊性の観点から、屋根スラブの厚さの選択には、風荷重、積雪荷重、摩擦距離の3つの要素が一般的に考慮されます。 したがって、屋根スラブの厚さは地域によって異なります。 電気設計者は、時間的に構造の専門家と連絡を取り合い、厚さが仕様の要件を満たすときに他の条件をチェックする必要があります。


鉄骨造建築物のエンクロージャシステムの接続モードは、一般にオクルージョンまたはラッピングです。 それが輪郭を描かれた鋼鉄またはサンドイッチ板であるかどうか、その出現は波形です。 構造上、ラップを使用する場合、ラップの長さは少なくとも1つの波の山または谷に達する必要があり、ラップの長さが100 mmを超える場合は、ラップの長さは仕様の要件を完全に満たすことができます。


要約すると、著者は、厚さ0.5 mmの鉄骨造建築物の屋根サンドイッチパネル(またはプロファイル鋼板)をフラッシャーとして使用できると考えています。


2.リードダウン

鉄骨造建築物の主な鉄骨骨組、二次的構成要素および囲い込みシステムは、構造的に確実に接続され、永続的な電気経路を形成しています。 したがって、信頼性の高い接地装置が設置されている限り、支柱に応じてスチールコラムをリード線として使用できます。


接地装置

現在の設計では、基本的な鉄筋が一般的に自然接地体として使用され、それは40 mm x 4 mmの亜鉛メッキ平鋼で接続されており、全等電位接続が行われています。 このように、接地抵抗は非常に小さく、一般的に設計要件を満たすのは簡単です。


また、設計図では、一般的に「建築基礎の鉄筋を自然接地体として使用する」ということはできません。 前述したように、鉄骨造建築物の基礎工事では、アンカーボルトが予め埋め込まれており、鋼製の柱と結合する前にガスケットが追加されている。 埋め込みアースボルト自体とベーススチールバーの間に電気的な接続がないことに注意してください。 したがって、土木建築では、基礎の鉄筋とアースボルトをF10未満の鉄筋または丸鋼で確実に溶接できます。