鋼構造物加工の要点

1)鉄鋼部材の加工・製造の前に、プロセスと建設組織の設計を準備し、土木工事現場の実態と組み合わせて、製造にプロセス品質管理を実施し、品質保証体制を確立する。

2) 鋼材の建設に使用される測定器は、法的測定単位で検証し、有効期間内に製造する必要があります。設置と受け入れ(基礎工事ユニットを含む)は、定規と統一されなければならない。

3)工場証明書の他に、選択した鋼は、ブランキング前に再検査のためにサンプリングされ、仕様で要求される品質基準を満たす材料は、ブランキングすることができます。

4)鉄鋼部材の処理前に、物理的および化学的分析を行い、主要な制御項目および一般項目の検出は、切断、矯正成形、エッジ加工および穴あけ加工の段階で厳重に管理され、偏差はGB50205-2001の要件を満たします。詳細なサンプルをレイアウトする必要があり、正確なサイズをチェックした後にのみブランキングを行うことができます。自動切断機は、ブランキング中の切断に使用する必要があります。鋼板の厚さが18mm以上の場合は、精密切削加工を採用する必要があります。

5) 溶接部品の溝およびノッチの質は関連する仕様を満たすものとする。

6)現場で主要なコンポーネントを掘削および溶接することはできません。

7)鋼材に使用される鋼、接続材料およびコーティング材料は、品質証明書を有し、設計文書および現在の関連する国家基準の規定の要件に準拠しなければならない。