鉄骨構造の加工品質管理のキーポイント

鉄骨構造は、それ自体の利点によりさまざまな分野で広く使用されていますが、製品の品質を気にし始めているのは、使用が増えているためです。 それらが使用されたときに問題を起こさない同じ製品への鍵は品質です。 ただし、製品の品質の主な鍵は処理であるため、特に処理する際に重要です。 誰もが製品の品質を認識できるように注意してください。 製品を処理するときは、次の管理ポイントに注意する必要があります。


I.図面の深化

1.詳細設計図は、設計図に従って鋼構造の構造とノード構造を改善するものとする。 本論文は、構造の溶接変形と応力変形を分析し、構造の前変形のための処理手段を提案した。

2.コンポーネントの番号、位置決め定規、重量、材料、その他の情報を指定します。 インストール中の測定と制御を容易にするために、プロジェクトの全体的な3次元関係、メイン制御座標、およびその他のマクロ情報を反映できる必要があります。

3.現場の吊り上げ要件に従ってセグメント化し、設置偏差、溶接収縮変形、その他の要因を十分に考慮し、カーテンウォール埋め込み部品、操作など、処理プラントの現場で溶接する必要がある位置を溶接しようとします。プラットフォーム。


II。 原料管理


1.鉄鋼:鉄鋼工場が発行する品質証明書または検査報告書を詳細に確認し、化学組成、機械的特性、およびその他の品質要件が現在の国家基準を満たしていること。

鋼の品質証明書とサイズ仕様の表に従って1つずつ検査および確認し、鋼の表面品質、厚さ、および局所的な平坦度を確認します。 鋼の端部または破損時に、積層、スラグの混入、その他の欠陥があってはならない。

2.溶接材料:使用される溶接材料は、プロジェクトで使用される鋼と一致する必要があります。 異なる生産バッチの品質の違いにより、スポットチェックは必要に応じてバッチで実行されます。

電極とフラックスは適切に維持し、減衰させないでください。そうしないと、操作のプロセス性能に影響するだけでなく、接合部の物理的および化学的特性にも悪影響を及ぼします。 溶接材料が長すぎるか減衰した後に、溶接試験を再度実施するものとする。


III。 ブランキングと穴あけ制御

1.切断する前に、鉄骨構造表面の清浄度、平坦度、切断サイズ、断面粗さ、垂直度、ノッチ深さ、溝角度が要件を満たしていること。 アセンブリおよび溶接場所の表面は処理されます。

2.設置:すべてのコンポーネントと部品の組み立て、およびコンポーネントの組み立て済み部品の組み立てでは、プロの設置作業員が処理面と組み立ての大きなテンプレートで正確な設置を行う必要があります。 設置後、コンポーネント処理の幾何学的寸法と角度が正しいことを確認するために、検査員が検査する必要があります。

穿孔後の穿孔テンプレート、接続プレート、およびジョイントプレートは、本体の基準線に対応しています。 穴の偏心、穴の距離のオフセット、穴の距離、真円度と垂直度、穴の壁と穴の端面の品質は厳密に管理されます。 穴あけの精度と品質を確保するために、打ち抜き作業者は、金型穴あけの使用時に基準軸と穴の中央を設定し、引き出す必要があります。


IV。 組立管理

1.アセンブリプラットフォームと成形ベッドの強度、剛性、水平性、および関連する工具と治具。 ディテールと特殊モールドのサイズ。 部品の溶接場所の材料、数、サイズ、加工精度、量、接続および表面処理。 データム平面、データム線、クロス中央線、部品のアセンブリ位置線。 部品の組立位置、方向、角度、同心度、直角度、キャンバー、溝の角度、鈍角、クリアランス、バッキングプレートのシーリング、およびジョイントの変位。 組み立て手順と方法、追加の溶接収縮と機械的余裕。 位置決め溶接のサイズ、長さ、間隔、位置および表面品質。

2.コンポーネントアセンブリ:コンポーネントアセンブリは、サブマージアーク溶接の前のスポット溶接と位置決め固定を指します。 組み立ての前に、小さな材料を修正する必要があります。 設置要員は、中央線と位置決め線を引きます。 スポット溶接の固定は、検査の認定後に行われ、検査後に正式な溶接が行われます。


V.訂正

1.修正:修正作業は、ブランキングからブランキング、サブマージアーク溶接、アセンブリ手動溶接など、鉄骨構造製造のプロセス全体で実行され、コンポーネントのサイズ、品質、および形状が要件を満たすように修正する必要があります。仕様、および曲げと歪みを厳密に制御します。

2.摩擦表面処理:コンポーネントの接続摩擦面の端はフライス盤でフライス加工され、摩擦面はショットブラスト機で処理され、自然条件下で浮遊錆が発生します。 同時に、同じ材料および加工方法を使用して摩擦表面加工用の試験片を作成し、摩擦係数試験を実施して、摩擦係数が指定の要件を満たしていることを確認するものとします。

3.部品の表面処理:処理された部品、部品、および部品は、規制に従ってエッジ処理され、バリ、溶接スラグ、溶接スパッタ、汚れなどが除去され、表面検査が行われます。 部品が完成し、表面が洗浄された後、表面はショットブラスト機で除錆されます。


VI。 完成品検査

図面番号、コンポーネント番号、軸線、ゼロ線、1mの標高線、およびそれらの方向と位置などのスチールスタンプマーク。 全長、断面サイズ、曲率、ねじれ、キャンバー、両端の傾斜、平面の対角線、現場で溶接された溝、穴の間隔と取り付け穴の位置サイズが適格かどうか、コンポーネントの外観品質、および切れ刃の面取り、等

社会の継続的な発展に伴い、鉄骨構造が徐々に私たちの日常の使用に適用されるようになったため、製品を処理するときは、処理品質を確保するために、上記の処理品質ポイントを念頭に置いて建設スタッフと建設スタッフに依頼する必要があります。 建設中は、指定された操作手順に従っても、建設を確認する必要があります。 プロセスの品質、そして製品に二重保証を持たせます。