鋼構造物の構造設計におけるポイント

鉄骨構造工房の構造設計の主なポイントは次のとおりです。


(1) 防火設計。鋼構造物の設計では、鉄骨構造は温度変化の影響を受けやすく、コンクリート構造に比べて耐火性が低い。そのため、鋼構造物の防火設計を強化する必要がある。


(2) 防腐設計長い間、鋼構造は大気環境の影響を受け、異なる程度の腐食や酸化の影響を受けます。鋼構造工房の環境湿度が比較的高いと、酸化反応が加速し、鋼構造の腐食が明らかになります。鋼材の腐食後、部材の部分は小さくなり、サビは局所的に異なる程度で現れ、鋼構造物の主応力位置の応力集中を生じ、構造の適用性能に大きな影響を与えます。


(3) 耐震設計鉄骨構造ワークショップの構造設計では、耐震設計は非常に重要です。建築面積が地震発生しやすいゾーンにある場合は、耐震設計を行い、プラントの耐震性を向上させ、プラント構造の安全性を確保する必要があります。設計工程において、構造物の耐震性能を向上させるために、構造の透過性能を向上させるために、鋼構造物を合理的に配置する必要があります。


(4) 負荷設計と鋼構造物の工房プロセス設計。鋼構造の工房の鋼構造物設計の過程で負荷をうまく設計することは非常に重要です。補強された負荷設計は、その後の鋼構造設計に有利な条件を提供し、その後、鋼構造設計の安定性を向上させることができます。


(5) 鋼構造の計算に注意を払う。構造設計ソフトウェアを計算に使用する場合、計算結果は、設計アクティビティに対応するパラメータを提供できます。対応する負荷値を選択する場合、プラント建設区域の自然条件を分析して、鉄骨構造の積載能力を補う必要があります。コンポーネントの全体的な設計の過程で、メンバーに対するネットセクションなどの構造パラメータの影響を認識する必要があります。ノード設計の過程で、構造や環境の要素に応じて合理的な接続モードを選択する必要があり、設計者はコンポーネントの接続位置を合理的に判断する必要があります。


一言で言えば、技術時代の継続的な発展は、建設レベルの対応する改善。高レベルの鋼構造工房は、ある程度の安定した生産の発展を促進し、人々の生活水準を向上させます。近年、鋼構造物の設計に向けて多くの新技術が開発され、研究に成功した新素材により、それに応じてアプリケーション効率が向上しています。同時に、構造自体は、強力な柔軟性を示し、建設の円滑な実施を保証する鉄骨構造プラント設計棟の概要に適用される絶対的な利点を示しています。



steel structure workshop