埋め込みボルトの取り付けと調整

(1)ダイスチールプレートから埋め込みボルトを開け、設計要件に応じて露出スレッドの長さを確保し、2つのナットで固定します。 レベルゲージを使用してボルト上部の高さを検出し、上下のナットで高さの要件を満たすように微調整し、ナットを締めます(一時的に締めないでください)。


(2)水平定規を使用して埋め込みボルトとネジの垂直性を1つずつ確認し、2方向の垂直性が要件を満たすまでネジを少し引いて調整し、ナットを完全に締めます。


(3)ボルトグループの各ボルトの仰角と垂直度を調整して適格とする場合、ボルトの根元をスポット溶接し、短い鋼棒で互いに接続して、ボルトグループ全体を形成するものとする。 埋め込みボルトが長い場合、1つまたは2つの溶接棒を追加して、位置決めの精度と安定性を確保できます。


(4)埋め込まれたボルトに全体的な沈下と全体的な傾きがないことを保証するために、短い鋼棒を使用して基礎鋼グリッドとの斜張スポット溶接を行う必要があり、2本の短い鋼棒が斜めに溶接されます埋め込まれたボルトの底で、基礎クッションを支えます。


(5)基礎補強グリッドの内部空間が、埋め込みボルトの全体的な取り付けに影響を与えないほど十分に大きい場合、金型の取り付け前に埋め込みボルトを取り付けることができます。