建築用鋼構造物の防食処理の仕方

鉄骨構造の防錆下地処理は、アルキドエナメル、エポキシジンクリッチペイント、クロロスルホン化ポリエチレン、亜鉛メッキなど、設計図の特定の要件を満たしている必要があります。


一般的に言って、保護層を有する鋼構造は腐食されるかまたはゆっくり腐食される。 建物によっては何百年も生きることができますが、状況によっては鉄骨構造の腐食速度が驚くべきものになり、数年以内に建物に損傷を与える可能性があります。 腐食過程は一般に以下の通りです:鉄骨構造保護層は微小亀裂と穴を作り出します、保護層は剥離します、有害な媒体侵入。 鉄骨構造の腐食 鉄骨構造の深刻な腐食。 鉄骨構造の性能低下、構造または部品の損傷。 その防食処理は、一般的に2つの側面から考えることができます。


1.腐食グレードに応じた対策

建築用鋼構造物の腐食は4つの等級に分けることができます:強い、中程度、弱い、非腐食性。 強い腐食(大量のCO 2、SiO 2、H 2 S産業環境)の条件下では、材料の腐食速度は速くなり、構造と付属品は表面の絶縁によって保護されなければなりません。 中程度の腐食条件下では、材料は特定の腐食を有し、それは部品自体の重量を増加させるために又は単純な表面保護を採用するために使用され得る。 弱い腐食の条件下では、材料の腐食は遅くなります。 ただし、いくつかの対策を講じる必要があります。 無錆の条件下では、材料は非常にゆっくりと錆びたり、明らかな錆の跡がない状態で錆びたりし、部品は保護対策をとることができません。


キーリンクの扱い

基本処理:鉄骨構造の防錆基本処理は、アルキドエナメル、エポキシジンクリッチペイント、クロロスルホン化ポリエチレン、亜鉛メッキなどの設計図面の特定の要件を満たす必要があります。

温度と湿度:塗装中の周囲温度と相対湿度は、製品の要件を満たす必要があります。 周囲温度は5〜38℃、相対湿度は85%を超えないようにします。また、結露の際は表面をコーティングしないでください。 塗装後4時間以内に雨は降りません。

スプレーコーティングの厚さ:設計要件を満たす必要があります。 その日に使用されているスプレーコーティングは同じ日に廃棄されるべきであり、希釈剤は自由に追加されるべきではありません。 塗装性能:鋼材の構造に及ぼすさまざまな有害媒体の影響を考慮して、作業環境に適したスプレー塗装を選択して、腐食防止の品質を確保する必要があります。