耐震設計の一般的な方法

1.工事現場

鉄骨造建築物の建築現場を選定する際には、プロジェクトのニーズに応じて地震活動や工学地質学の情報を把握し、建築現場を総合的に評価する必要があります。 耐震性に不利な地域、例えば弱地地盤、液化性地盤など、耐震性に不利な地域を避けるために、開放型および平地型硬地盤土または密で均一な乾燥地土壌などの耐震性に有益な地域を選択することが望ましい。帯状の目立つ口、高い孤立した丘、急勾配の急斜面、採掘された地域、川岸および斜面の余白。


財団

構造部材が時期尚早に塑性域に入るように、亀裂または構造の傾斜さえも引き起こす鋼鉄建築物の不均一な沈下を避けるために、同じ構造単位が異なる特性を有する基礎土の上に置かれるべきではない。 部分的に天然の基礎を使用し、部分的に基礎を杭打ちすることは適切ではありません。 基礎が柔らかい凝集性の土壌、液化可能な土壌、または真に不均質な土壌層を有する場合、基礎の完全性および剛性は強化されるべきである。


3.平面と標高のレイアウト

地震時のねじりと応力集中または塑性変形集中によって引き起こされる弱いリンクを避けるために、建築平面と高さの配置は規則的で対称的であるべきであり、そして質量分布と剛性の変化は均一であるべきである。 ただし、耐震ジョイントを設定しない場合は、実情に即した計算モデルを採用する必要があります。 耐震ジョイントを設定するときは、建物を通常の構造単位に分割する必要があります。