鋼構造工学の建設技術

鋼構造エンジニアリングは、軽量で強固な構造構造であり、多くの利点があります。


1.鉄骨構造工学では、ほとんどの材料が鋼であり、高強度で軽量です。同じストレス条件下で、スパンは他の構造よりも高くなる可能性があります。


2.鉄骨構造は独特の塑性と靭性を備えており、特別な場合に突然破損することがないため、荷重に対する構造の適応性が強くなります。


3.鉄骨構造物の使用予算を計算するのは簡単です。材質が均一なため、信頼性が高い。


4.溶接は鋼構造が強力な溶接対象であるため、複雑な形状や構造に適しています。


5.鋼構造物を多数使用できる理由は、鋼構造物の製造が、一部の特殊な金属構造プラントで実行され、実行が簡単で、比較的精度が高く、迅速に設置できるためです。時間を無駄にしないように。


6.鋼構造物のシール性能は、耐熱構造、特にそのシール性よりも優れています。鉄骨構造の内部構造が非常に近く、漏れにくい。


steel structure construction site