屋根鋼構造物の建設スキーム


屋根の鉄骨構造

リフティング技術と建設組織I.リフティングプロセスオリエンテーション - キャリブレーション - ピラーベースボルトの取り付け - ライン - ピラーの取り付け - スチールビームの取り付け - 母屋の取り付け - 塗装 - 完成



II。 鉄骨柱の設置技術


1.アンカーボルトの露出長、基準線に対するアンカー中心線の変位偏差、アンカーボルト間の距離、および基礎の高さを含めて基礎を再テストします。 修飾されていない基礎は治療の後にだけ持ち上げることができます。


2.支柱の設置高さを制御するために、設置中の高さを微調整して修正するために、500 mmの位置を支柱の可視部分に事前に描画します。 適格な再試験に基づいて鋼製支柱を設置するために、支柱は最初に単線ロープで束ねられ、吊り下げ箇所の位置は支柱の端から支柱の長さの1/3です。 。 コラムは回転方式で持ち上げられ、スチールコラムは持ち上げられて設置位置に送られます。