鉄骨構造の設計のためのコード

1.大スパン屋根構造とは、スパンが60m以上の屋根構造を指します。トラス、ラーメン、アーチなどの平面構造を使用でき、スペーストラス、網状シェル、サスペンション構造、ケーブル膜構造などの空間構造を使用できます。


2.部材の変形、支持構造の変位、境界拘束条件、および温度変化が長大屋根構造の内力に及ぼす影響を考慮する必要があります。同時に、構造の特定の状況に応じて、変形に適応できるサポートを使用して、追加の内力を解放することができます


3.吊りクレーン付き屋根トラスの場合、永久荷重と可変荷重の基準値に基づいて計算された許容たわみ値は、スパンの1/500、可変荷重の基準値の1/600になります。吊りクレーンのない屋根トラスの場合、永久荷重と可変荷重の基準値に基づいて計算されたたわみの許容値は、スパンの1/250と見なすことができます。天井がぶら下がっている場合、可変荷重の基準値に従って計算されたたわみの許容値をスパンL / 500とみなすことができます。


4.長大屋根構造の内力や動荷重が大きい場合は、高力ボルトの摩擦式接続を使用する必要があります。


5.各設置段階で屋根構造の強度と全体的な安定性を確保するために、吊り上げ方式の選択と吊り上げ点の位置は計算によって決定する必要があります


steel structure