鉄骨造住宅の特性

鉄骨造住宅の特性


鉄骨造建物の設計と施工時間が短く、建設に使用される鉄骨構造部品は、工場生産と現場での施工が可能で、施工時間を大幅に短縮して時間を節約できます。 スペースが大きい:鋼の圧縮および横曲げ強度がコンクリートの1.5倍であるため、同じ強度の条件下では、断面積を減らし、有効スペースを増やすことができます。 リサイクル可能:鋼鉄結び目:鋼鉄結び目建設資材はリサイクル可能で、建設廃棄物を大幅に削減できます。


鉄骨構造は、柔軟な構造に属し、軽量であるため耐震性能に優れ、地震応答や災害の影響を効果的に軽減でき、耐震性にも有利です。 不十分な耐火性:鋼の熱伝導率は鉄筋コンクリートのそれよりはるかに大きく、そしてその耐火性はコンクリート構造物のそれよりはるかに悪い。

温度が600℃に達すると、鉄骨構造は基本的にその強度と剛性をすべて失います。 したがって、耐火性は鉄骨造建築物の重要な部分と見なされています。 耐食性が劣る:鋼表面の鉄原子と空気中の酸化により酸化鉄錆が発生するため、錆が応力集中を引き起こし、鋼構造建築物の使用安全性を危険にさらし、鋼構造建築物の耐用年数を短くする。鉄骨造建築物の使用時間を確保するために効果的な防食対策を講じることができます。